ドックとメニューバーを黒くする「ダークモード」を設定する方法

OS X Yosemite ダークモード

OS X Yosemite」が「OS X Mavericks」から最も大きく変わったのは、やはり見た目のデザイン。ウィンドウの左上にあるボタンも変わり、Spotlightも劇的に進化し、何よりもiOSデバイスとの連携が強化されたのは大きい。

中でも最初のベータ版がリリースされた時から注目を浴びていたのはダークモードが用意されたこと。正式なメニュー名は「メニューバーとDockを暗くする」となっている。

本記事ではOS X Yosemite」でダークモードを設定する方法を紹介する!

ワンクリックでダークモードに変更可能

設定方法は簡単。「システム環境設定」を開き、「一般」をクリック。
【OS X Yosemite】ダークモードを設定する方法

「アピアランス」の下に「メニューバーとDockを暗くする」という項目があるので、チェックを入れる。
【OS X Yosemite】ダークモードを設定する方法

標準状態ではこのように見慣れたメニューバーとDockになっているが…
【OS X Yosemite】ダークモードを設定する方法

ダークモードを有効にするとこのようにメニューバーとDockが黒く反転する!メニューバーの一部アイコンが黒背景に対応していないため埋もれてしまうのは気になるところ。
【OS X Yosemite】ダークモードを設定する方法

実際、この機能をどのようなときに利用するか分からないが、恐らく写真や動画の編集など色を取り扱う仕事をする場合に白よりも黒の方が視界に入り込まずに、制作作業に集中できるのではないだろうか。

「OS X Yosemite」にアップデートした人はお試しあれ!

「OS X Yosemite」を使いこなすTipsをチェック!

もっと読むOS X Yosemiteまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読