macOS Big Sur 11.3に隠されている「Hello」スクリーンセーバーの設定方法

複数の言語で「hello」が表示されるカラフルなスクリーンセーバー

Hello Screensaver hidden in macOS 06

macOS Big Sur 11.3に隠されているのは、24インチiMac(2021)の標準壁紙だけではない。24インチiMac(2021)限定の「Hello」スクリーンセーバーが用意されており、最新OSにアップデートすれば誰でも設定できる。本記事では「Hello」スクリーンセーバーの設定方法を解説する。

「Hello」スクリーンセーバーを設定する手順

システム>ライブラリ>Screen Saversを開く

macOS Big Sur 11.3にアップデート後、Finderで「システム>ライブラリ>Screen Savers」を開く。スクリーンセーバーの一覧に「Hello.saver」が、24インチiMac(2021)限定の「Hello」スクリーンセーバーだ。
Hello Screensaver hidden in macOS 05

「Hello.saver」を適当な場所にドラッグ・アンド・ドロップ

「Hello.saver」のファイルを、デスクトップなど適当な場所にドラッグ・アンド・ドロップし、ファイル名(「Hello」の部分)を変更する。
Hello Screensaver hidden in macOS 01

「Hello.saver」のファイル名を変更

名前は何でも良い。僕は「HelloScreenSaver.saver」に設定した。
Hello Screensaver hidden in macOS 02

ファイルをダブルクリックし、インストール

ファイル名を変更後、ファイルをダブルクリックする。システム環境設定で立ち上がり、「”ハロー”スクリーンセーバを使うには、インストールする必要があります。このコンピュータのすべてのユーザー用に今すぐインストールしますか?」と聞かれる。「インストール」をクリックする。
Hello Screensaver hidden in macOS 03

「デスクトップとスクリーンセーバ」の画面が表示され、「ハロー」と書かれたスクリーンセーバーが追加される。オプションはテーマ(ソフトトーン、スペクトラム、ミニマル)、複数言語の表示、システムの外観に合わせるかを設定できる。
Hello Screensaver hidden in macOS 04

複数ディスプレイを使用している環境で「Hello」をスクリーンセーバーに設定した場合、異なる言語が異なるカラーで表示される。

スクリーンセーバーはMacにちょっとした個性を追加する。ゴリミーでは、2018年10月のAppleスペシャルイベントで使用されたAppleロゴのアニメーション映像を活かしたスクリーンセーバーパタパタ時計スクリーンセーバーApple TV用の美しい空撮スクリーンセーバーを紹介している。

(Source: 9to5Mac

関連情報
更新日2021年05月09日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:601825)

    11.4Beta3にアップデートしたところインストールすることができました。
    壁紙もBeta2のときはフォルダ内にすらありませんでしたが、こちらもBeta3で使用できるようになりました。
    ちなみに機種はM1のMacbook Airです。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:601669)

    11.4Betaですが、変更したファイル名含め同じことをしてみようとしたところ
    「”null”スクリーンセーバをインストールできませんでした。」
    と表示されてインストールできませんでした。

「macOSの使い方・設定」新着記事
トレンド検索