Mac版「Office 365」、最新バージョンで「macOS Mojave」の「ダークモード」に対応

Microsoft Office Dark Mode

Microsoftは現地時間12月11日、「Office 365 for Mac」の最新バージョン「16.20.0」をリリースし、macOS Mojave」の「ダークモード」に対応した。

これで「他のアプリはダークモードで目に優しいけど、肝心のワードやエクセルが白いままなので見づらい」という状況が解消され、ダークモード利用時でも溶け込むUIになった。

リボンUIも刷新され、視認性が向上

他にもリボンUIが刷新され、ボタンの輪郭などがハッキリしたことによって視認性が向上。これらのアイコンは通常モード(ライトモード)とダークモードでそれぞれ切り替わるようになっている。

また、「Office 365」の最新バージョンでは、「macOS Mojave」から提供開始されている、同じiCloudアカウントに接続したiPhoneやiPadで撮影した写真をそのまま取り込むことができるContinuety Camera(連係カメラ)」もサポート

パワポなどでプレゼン資料を作成している時に、「この写真が必要」という場面で役に立ちそうだ。

(via MacRumors