Twitter検索が仕様変更!エゴサーチなど、想定した検索結果が表示されない時の対処方法

Twitter icon【img via Emerging Media – Twitter Icon by mkhmarketing

日頃からエゴサーチをしている人であれば気付いているかもしれないが、最近Twitter検索の仕様が変更されたようだ。例えば「gori.me」でTwitter検索をした場合、僕のブログリンクを含む記事以外にも「gori」や「me」が含まれる場合でも拾う仕様になってしまった。要は検索した単語や文字列の間に別の単語や文字列があってもヒットしてしまうのだ!

ハッキリ言ってこれは不便。ただ、実は従来の検索結果を表示するための対処方法は存在する!本記事でその簡単過ぎるやり方を紹介しておく!

検索ワードをダブルクォーテーション(””)でくくるだけ!

仕様変更されたTwitter検索結果は「gori.me」で検索した場合、以下のような検索結果が表示される。どのツイートにも「gori」と「me」が含まれるため、ヒットしてしまっている。

Twitter Search Resuls for gori.me
これを解決する対処方法は以下の通り!なんて簡単なんだ!

検索する単語をダブルクォーテーション(””)でくくる

要は「gori.me」を「“gori.me”」にする、ということだ!その結果、検索結果として表示されるのは以下の通り。僕のブログリンクを含むツイートのみ表示されている。

Twitter Search Resuls for gori.me
最近、Twitter検索でこれまでと違う検索結果が表示されていたり、エゴサーチがしづらくなったなど感じたら上記で紹介したダブルクォーテーションを試してみるべし!

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった