Twitter、フォロー数の制限を緩和ーー2,000人から5,000人に

Twitter-Balloon.jpg
一気に大量の人をフォローする機会が無かったからか、制限されていたこと自体知らなかった……!一気にフォローしても、一気にアンフォローしてもダメ!

本日、Twitterはフォロー数の制限を2,000人から5,000人に緩和したことを発表した

5,000人を超えた場合、追加ユーザー数に制限が掛かる

Twitterにはフォローできるユーザー数に制限はない。ただし、Twitterはユーザーを過剰にフォローしているかどうかを常に確認しているとのこと。

フォローするだけではなく、フォローされる必要がある。これまではその条件が適用される基準値が2,000人のフォローだったが、今回その数値が緩和され、5,000人まではそのアカウントがフォローされている人数を気にせずにフォローすることができるようになった。

問題は5,000人を超えた後。フォローできる人数はフォロワー対フォロー数の比率に基づくとのこと。

過度なフォローおよびフォローチャーンに関するルールは、そのまま適用されます。また、すべてのユーザーは、合計5,000人までのユーザーをフォローすることができます。フォローが5,000に達した際には、フォローできる追加ユーザー数に制限がかかります。この制限は、ユーザー毎に異なり、フォロワー対フォロー数の比率に基づきます。

via フォローに関するルールと留意点 | Twitterヘルプセンター


上限に達した場合、スパムアカウントとして認定されてしまう模様。これらの行為は最悪の場合、アカウント凍結に至る可能性があるとのこと。

1日に大量のユーザーをフォローまたはフォロー解除する場合も同じくアカウント凍結に至る可能性もある。要は、常識の範囲内でフォローを増やし、フォローされるようなツイートを心掛けましょう、ということだろうか。

Twitterのフォローに関する詳しい内容は「フォローに関するルールと留意点」としてヘルプセンターに書かれているので制限を気にしなければならないような使い方をしている人は目を通しておくべし。

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. MacBook Proの2017年モデルはRAMが32GBに、MacBookは16GBに?!
  2. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  3. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法