最近スマートフォンを購入した人は、iPhoneよりAndroidを選んでいる

iOS, Android
【img via 9to5Mac

Nielsenの調べによると、最近スマートフォンを購入した人のうちAndroidを選んだ人の割合は56%を占めるそうだ。逆にiOSデバイスを選ぶ人は全体の28%にとどまった。


現在のスマートフォン所有者のうちAndroidは43%iPhoneは28%を占める。数値だけを見るとAndroidの勢い付いているようにも見えるが、iOSと呼ばれるスマートフォンはiPhone 3GSとiPhone 4の2機種。対してAndroidはHTC、Samsung、Motorolaを始めとした数多くのメーカーから選べるため、Androidのユーザー数の方が多くて当然である。今更驚くことではない。

右のグラフは6月〜8月の期間中にスマートフォンを新規で購入した人のOS比率となっている。Androidはシェアを伸ばしているようだが、iOSからシェアを奪ったというよりはBlackberryやその他スマートフォンOSのユーザーがAndroidに乗り換えたと見る方が正しいだろう。

次期iPhoneの発表の前後でOSの比率にどれぐらいの変化があるのだろうか。みんなの期待が高いだけに、楽しみ!

(via 9to5Mac

もっと読むAndroidまとめ
あわせて読みたい