FacebookやInstagram、TwitterやPinterestは「Apple Watch」対応アプリを準備中であることが明らかに

Appl Watch Sport
【img via Bloomberg Business

Apple Watch発売時点で対応アプリが100,000本用意されている、というのはあながち嘘では無いかもしれない?!

以前、「Apple Watch」アプリの開発者を本社に招待したと伝えたが、本日、Bloombergも同様の内容を報じているようで、Facebook、Instagram、Twitter、Pinterestなどの有名アプリを担当するデベロッパーを本社に招待していることが明らかになった!

秘密のラボに持ち込めるのは、持ち帰れないHDDのみ

以前も伝えた通り、Appleはそれぞれのデベロッパーを本社に招待し、Apple Watch」用のアプリを実機でテストしているとのこと。

関係者によると、参加者はApple本社内にある秘密のラボで作業することが許されているが、入室する上でNDAを結ぶだけではなく、「Apple Watch」用アプリのソースコードが入ったハードディスク1つのみ持ち込むことが許されている。メモを取るためのノートなどさえも持ち込むことができないそうだ。

さらに、持ち込んだハードディスクは一度部屋の中に入れた後、持ち帰ることはできない。つまり、秘密のラボで修正したソースコードはApple本社に置いたまま。「Apple Watch」のリリースが近づいたタイミングで返してもらうことができるそうだ。

秘密主義のAppleだからこそ、徹底したセキュリティ管理をした上で着々とリリースに向けて準備を進めている模様。3月9日に「Apple Watch」の詳細とともに対応アプリが動作する様子を見るのが楽しみだ!

(via iDownload Blog