「iOS 11」の最新ベータ版から新しい「Apple Watch」用ワークアウト種目が多数発見される

Apple Watch Exercícios

iOS 11」の最新ベータ版から新しい「Apple Watch」用ワークアウト種目が多数発見された、とiHelp BRが報告している。

「Watch」アプリ用であると予想される「バスケットボール」「ラクロス」などの球技から「体操」「ピラティス」、さらには「釣り」「フェンシング」「コアトレーング」などのアイコンが見つかっている。現状、これらの種目を測定することができない。

以下に発見された項目を一覧で載せておく:

iOS 11」の最新ベータ版で発見されたワークアウト

  • バスケットボール
  • 野球
  • ボーリング
  • バドミントン
  • バー(バレエ)
  • ボクシング
  • ステップトレーニング
  • サーフィン
  • オープンスイミング
  • スノースポーツ
  • 乗馬
  • クライミング
  • コアトレーニング
    1. クリケット
      クロスカントリー・スキー
  • クロストレーニング
  • カーリング
  • サイクリング
  • ダンス/ダンス系トレーニング
  • ダウンヒル
  • フェンシング
  • 釣り
  • 柔軟トレーニング
  • アメフト
  • ファンクショナル・トレーニング
  • ゴルフ
  • 体操
  • セーリング
  • スキー
  • スケート
  • パドルスポーツ
  • ピラティス
  • 縄跳び
  • キックボクシング
  • ラクロス

watchOS 4」の最新ベータ版ではこれらのワークアウト種目は発見されていない。このことから、現行モデルではなく、9月に発表されると予想されている「Apple Watch Series 3」に限定される可能性はある。

次期「Apple Watch」はLTE通信対応が特徴となっていて、eSIMを内蔵すると噂されている。発表は「iPhone 8」シリーズと同じだが、発売は少し遅れる可能性がありそうだ。

(via 9to5Mac

あわせて読みたい