iCloud、一部データをGoogle Cloud上に保存していることが判明

PAK12 10naname TP V pakutaso server 0101

Appleは、iCloudの一部データを保管する目的でGoogle Cloud Platformを使用していることが明らかになった。iOS Security(PDF)の53ページ目には下記のように明記されている。

The encrypted chunks of the file are stored, without any user-identifying
information, using third-party storage services, such as S3 and Google
Cloud Platform.

Google Cloud以外にはAmazon S3も使われている模様。個人を特定し得るデータは保管されず、AES-128やSHA-256といったキーで暗号化されているため、個人情報の不正流出の心配はない。

2016年には、AppleがGoogleのクラウドサービスを使用してiCloudを運用していると報じられていた。その費用は年間600万ドルにもなると言われている。

(via MacRumors