Apple、Intelのスマホ用モデム事業の大部分を買収

買収額は10億ドルで、2019年第4四半期に完了する見込み

Appleは現地時間7月25日、Intelのスマートフォン用モデム事業を買収することを発表した。買収額は10億ドルで、2019年第4四半期に完了する見込み。

買収には知的財産、設備、リリースなどもすべて含まれ、規制当局の承認およびその他の慣習的な条件(労使協議会および特定の法域でのその他の関連する協議を含む)を前提。また、Intel従業員2,200人がAppleに入社する予定となっている。

買収により、Appleはセルラー通信のプロトコルからモデムの構造やオペレーションなど、ワイヤレス技術に関する特許を17,000件以上保有することになる。

買収するのはあくまでもスマートフォン用モデム事業のみ。Intelは今後もPCやIoTデバイスなど、スマートフォン以外の製品向けのモデムチップの開発は継続する。

ストーリータイムライン
タグ#Intel
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索