Apple Store、大晦日の営業時間は18時まで 新年は2日から

おそらくAppleの福袋ことLucky Bagは今年も無いと思われるが、初売りは開催される可能性はありそう

Special Open Times apple store

Appleは2019年の最終営業日および2020年の営業開始日を発表した。2019年は12月31日(火)の18時まで、2020年は1月1日はクローズ、1月2日(木)の10時から営業を開始する。

  • 2019年12月31日(火):10時00分〜 18時00分
  • 2020年1月1日(水):クローズ
  • 2020年1月2日(木):10時00分〜 20時00分

昨年の初売りでは最大18,000円のキャッシュバックが受けられた

現時点では初売りが開催されるかどうかは分かっていないが、昨年と同様に開催されるとすれば、商品購入に合わせてギフトカードとして還元される1日限定のキャンペーンが開催されると予想される。昨年は幅広い製品が対象となり、最大18,000円還元だった。

なお、テナント内の「Apple 新宿」および12月14日にグランドオープンを控えているラゾーナ川崎プラザ内の「Apple 川崎」は独自に営業時間を設定している。

記事執筆時点ではApple公式サイトで特別営業時間は反映されていないが、アプリ上では「特別営業時間」として案内されている。

(Source: iをありがとう

関連キーワード
コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. 通りすがりの読者

    lucky bagもうしばらくやってないけどもうやらないのかな〜…。

    1. 通りすがりの読者

      行列問題が酷過ぎましたしね
      他の福袋もネット抽選中心に切り替えてますし復活しても販売形態は変わるかも

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索