米地裁、Appleに全アプリの外部決済利用を認めるよう命令

Epic GamesとAppleの裁判で、「反競争的」として見直しを認める

Fortnite banned by apple

人気ゲーム「Fortnight」を開発するEpic GamesがAppleを相手取った一審の判決が下った。米連邦地裁は、Appleにすべてのアプリに対して外部決済の利用を認めるよう命令した。

Applは8月26日、他社決済システムへの誘導を許可する方針を発表。9月2日には、音楽、書籍、動画などの「リーダー」アプリを対象とした、アプリ内に自社ウェブサイトへのリンクを含めることを許可し、Appleへ支払う手数料の回避を容認すると明らかにしたが、ゲームアプリは対象外だった。米地裁の命令は、アプリの対象範囲を「リーダー」アプリからすべてのアプリへ拡大が求められている。

ゲームは、アプリ売上高の約70%を占める。米地裁の判決はAppleのビジネスモデルに影響を与える可能性はあるが、他の判決は総じてAppleに有利な内容となっている。

「Appleは独占禁止法に抵触しない」との判決

Judge Rogers判事は判決文の中で、App Storeのアプリ配信は独占禁止法に抵触せず、「独占企業と結論付けることはできない」と述べた。停止したEpic Gamesの開発者アカウントは、Appleの規約に違反していたことを理由に復活させる義務はないとしている。

またEpic Gamesに対し、独自決済システムを取り入れた期間中に発生するはずだった手数料の支払いを命じている。支払い総額は約4億円以上になる見通しだ。

Epic GamesのCEOであるTim Sweeney氏は、一審の判決内容を不服とし、争う姿勢を見せている。「Fortnightは、Appleの提供するアプリ内課金と平等な決済システムを導入できるようになったらApp Storeで復活する」とコメント。独自の決算システムをアプリ内で直接選択できる仕組みを求めている。

Epic VS Appleの関連ニュース

6本の記事を表示する
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索