「iOS 12.3」、Apple Payのエクスプレスカードに一部クレカが登録可能になる可能性

Kawamura-Pakutaso-iPhone7-Suica-01.jpg

「Apple Pay」には「エクスプレスカード」という機能がある。

この機能は改札を通る時やコンビニ・自販機などで買い物をする時にiPhoneやApple Watchをリーダー端末にかざすだけで決済が完了する機能。いちいちApple Payの画面を起動することないため、非常に便利なのだが、現状ではSuicaしか利用できない

Tap Down Underによると、現在開発版が提供されているiOS 12.3」内のコードに「Apple Pay」の「エクスプレスカード」設定にクレジットカードを登録可能にする記述を発見したと伝えている。

EMVカードを選択可能にする記述が開発版コードから発見

発見されたコードによると、次期iOSバージョンでは「エクスプレスカード」としてSuicaだけではなく、EMVカードが指定可能になることを示唆していることがわかった。

EMVとは、MasterCardの「M」、Visaの「V」、Europay Internationalの「E」の頭文字を取ったIC内蔵型クレジットカードの統一規格。対応するカード会社はVisa、Mastercard、American Expressだそう。

「エクスプレスカード」の魅力は都度「Touch ID」や「Face ID」による認証が不要で、かざすだけで決済できる点。ただ、その一方でセキュリティ上の観点からは不安が残る。

これについては、改札など交通関係における利用を識別するコードも用意されていることが発見。これにより、交通関係の場合は認証なし、それ以外の場所(コンビニなど?)では認証を必要とする仕組みが提供可能になると見られている。

AppleはMTA(Metropolitan Transportation Authority)での「Apple Pay」対応を進めているとされ、MTAはEMVカードが利用可能になっていることから、「Apple Pay」がEMVカードに対応する可能性は十分にある。

なお、日本でも利用可能になるかどうかは現時点では分かっていない。

(via 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Apple Pay」新着記事
トレンド検索