ポケモンGO、将来的にトレード(交換)機能を追加へ!新世代ポケモンも登場する予定

Pokemon go playing while walking is dangerous

20年近く前に遊んでいたいゲームボーイの「ポケモン」と今話題沸騰中の「ポケモンGO」では色々と異なる点が多い。ポケモンの育成方法や強化方法なども異なるが、そもそもポケモンの数も初代に登場する151匹で止まっている。

このことについて、「ポケモンGO」の開発元であるNiantic(ナイアンティック)社のCEO、John Hanke氏は現在開催されているコミコン・インターナショナルにて、将来的には「ポケモンGO」でも新世代ポケモンの登場プレイヤー同士のポケモン交換(トレード)機能の追加を検討していることが明らかになった!

ポケストップの強化、トレーニング機能も検討中

Hanke氏は次世代のポケモンについてはすべてではなく「一部が登場するかもしれない」と述べるに留まった。同士は次世代ポケモンよりもポケストップの機能を強化することに意欲があるようで、ユーザーがポケストップに集まると得られる機能を変える機能を提供することを検討しているとのこと。具体的にはポケモンを回復させる機能を持たせることを考えているという。

他にもユーザー同士によるポケモンの交換ポケモンのトレーニング機能も準備中。繁殖機能の実装も検討しているようだ!これは期待大!

下記プロモーションビデオにも登場する。かつては交換ケーブルを利用して交換していたのが、「ポケモンGO」ではワイヤレスになるのか……時代を感じる。

残念ながらこれらの計画は直近で実装されるものではなく、「向こう数ヶ月、または数年」とコメント。それよりも活発すぎるユーザーの負荷に耐えられるようにサーバー対策を優先的に着手しているとのことだが、これらの機能はいずれ実装されることをハッキリと明言している

数年後まで「ポケモンGO」のブームがあるかどうかは定かではないが、これほどの社会現象を起こすほどのゲームだからこそゲームそのもの進化にも期待したい!

(via The Verge