【ポケモンGO】「バッテリーセーバー」機能でスマホの電池を節約しよう

Pokemon-Go-Power-Saver

ポケモンGO」はスマホの電池を激しく消費する。「ARモード」を無効化することによって多少改善される部分もあるかもしれないが、基本的にはモバイルバッテリーは必要不可欠。ゲームに熱中しすぎて周りと連絡が取れなくなってしまうのは本末転倒だ。

そこで、今回紹介するのは「バッテリーセーバー」という機能。端末を上下ひっくり返すことアプリを起動した状態で画面が暗くなり電池の節約に貢献してくれる。本記事ではポケモンGO」の「バッテリーセーバー」機能の使い方を紹介する!

「設定」の「バッテリーセーバー」を有効化

そもそもパッと見ただけでは分からないのがゲームの設定がどこにあるのか。画面中央下に表示されるモンスターボールをタップすると「図鑑」「ポケモン」「ショップ」「道具」に加え、右上に「設定」と「ヒント」が表示される。
Settings-button-for-Pokemon-go

右上の「設定」をタップしよう。
バッテリーセーバーの設定

「音楽」や「効果音」、「振動」の項目の下に「バッテリーセーバー」という機能が追加されているはず。この設定がしっかりと有効化されていることを確認しましょう!
バッテリーセーバーの設定

これによってスマホを上下逆さまに持つと画面が暗転する。下記、どうぞご覧あれ!
pokemon-go-battery-saver

この設定を有効化することによってポケモンが現れた時には画面が点灯し立ち止まって(歩きスマホ、ダメ、絶対)捕まえることができ、それ以外は画面を逆さまにして歩きましょう。「設定」の「振動」が有効化されていれば近くにポケモンが登場し次第スマホが振動するようになっているので、画面を見続けながら歩く必要もないのだ。

モバイルバッテリーは必須!オススメ商品を紹介

「バッテリーセーバー」機能を有効化したとしても、「ポケモンGO」によるスマホの電池消費は激しい。思う存分ゲームを楽しむのであればモバイルバッテリーは必要不可欠!

以下に個人的にオススメするモバイルバッテリーとそのレビュー記事を紹介しておく!超大容量のモバイルバッテリーも入れているが、基本的にはスマートフォンとモバイルバッテリーを重ねて充電しながら使用することができるような製品を選んでいる。

とにかくコンパクトーー「cheero Power Plus 3 mini 6700mAh」

コンパクトなのに大容量ーー「Anker PowerCore 10000」

可愛さと大容量のコンビネーションーー「cheero Power Plus 3 13400mAh DANBOARD」

スマホを高速充電可能ーー「Anker PowerCore+ 20100」

大は小を兼ねる超大容量ーー「Anker PowerCore+ 26800」