学生みんなが特待生。

アクションカメラ「360fly」、国内登場!超ワイドシングルレンズ採用で繋ぎ目なし、リアルタイムプレビューが高画質

360fly アクションカメラ

アクションカメラ「360fly(サンロクマル・フライ)」が日本に上陸する。日本の販売代理店はフロンティアファクトリー株式会社KlipschSlingboxなどを取り扱っている。

「360fly」はカーネギーメロン大学のロボット研究所で誕生し、ロボット開発用に蓄積された技術を詰め込んだアクションカメラ。4K対応のフラッグシップモデル「360fly 4K」とHD画質のエントリーモデル「360fly HD」の2モデルが用意されている。

超広角ワイドシングルレンズで繋ぎ目のない写真を撮影

「360fly」の最大の特徴は超広角ワイドシングルレンズの搭載

人気の全天球カメラでお馴染みのTHETAは180度撮影可能なレンズを2つ搭載することによって2つのカメラで撮影した写真を繋ぎ合わせ、1枚の写真として合成する仕組みになっている。よって、繋ぎ目にたまたま立っていた人の顔が崩れてしまうこともある。

360fly アクションカメラ

「360fly」の場合、360°×240°の超広角ワイドシングルレンズを採用。繋ぎ合わせるという概念がないため、写っている人や物が崩れるということもない。ただし、天球240度の範囲しか撮影できないということはカメラの下部が死角になるということ。あくまでもアクションカメラであり、「全天球カメラ」ではない。

サイズはゴルフボールを一回り大きくした程度。重さは4Kモデルが172g、HDモデルが138gとなっている。

以下にカメラスペックや価格についてまとめておく。

360fly 4K 360fly HD
解像度 2,880×2,880ピクセル 1,504×1,504ピクセル
動画撮影 50Mbps/最大30fpsの360度4K動画 20Mbps/最大29.97fpsの360度HD動画
内蔵メモリ 64GB 16GB
録画可能時間 最大120分 最大90分
バッテリー駆動時間 90分(連続45分) 120分
防水防塵性能 10メートル防水
IP6X
高さ1.5メートルからの耐衝撃
20℃までの耐低温性能
1メートル防水
IP6X
高さ1.5メートルからの耐衝撃
20℃までの耐低温性能
付属品 カメラ本体
パワークレードル
USBケーブル
アクションカメラアダプタ
カメラ本体
パワークレードル
USBケーブル
重量 172g 138g
価格(税込み) 59,400円 37,800円

いずれのモデルには加速度センサーや電子コンパス、GPS/高度計、ジャイロスコープなどのセンサーを搭載。本体に搭載されているボタンは1つのみとなっていて、電源のオン・オフおよび録画の開始・停止が可能。本体だけで撮影できるのは録画のみとなっているため、写真を撮る場合はスマホアプリからの操作が必要になる。

発表会では動画撮影中におけるリアルタイムプレビューの画質の良さをアピール。会場内からは「大事なのは撮影中ではなく撮影後の映像ではないか」というごもっともな意見も飛び交っていたが、「リアルタイムで高画質な360度動画が見れるアクションカメラという用途として使用する上では魅力的な製品である」とアピールしていた。

実際、僕が見た限りでは撮影された動画も十分綺麗だった。繋ぎ目がないということはとても良い。アプリからYouTubeやFacebookにアップするのも非常に簡単に行える点も良い。

専用のアクセサリも多数用意。モバイルVRビューワーやトライポッドグリップが4,980円、だいぶハウジングが6,980円で用意されていた。

360fly アクションカメラ

純正品ではなく、他社製品のアクセサリも使用できるという。ここではGoProの製品を使用していた。
360fly アクションカメラ

価格は「360fly 4K」が59,400円、「360fly HD」が37,800円となっている。2016年12月1日から予約を開始し、12月9日から販売開始する予定。

「360fly 4K」

「360fly HD」