DJI OSMO ActionとGoPro HERO7 Blackを比較した動画

DJI VS GOPRO

ついにDJIからアクションカメラ「DJI OSMO Action」が登場した。気になるのは「GoPro HERO7 Black」との比較。これから買う人は、どちらを買うべきなのか。

YouTubeを見ていたところ、海外では早速「DJI OSMO Action」のレビュー動画が多数公開され、中には「GoPro HERO7 Black」と比較している内容もあった。

今後日本語でもレビュー記事や動画が上がってくるとは思うが、現時点で公開されていた「DJI OSMO Action」と「GoPro HERO7 Black」を比較した動画をまとめたので、参考にどうぞ!

「ロックステディ」で強力手ぶれ補正、ソフトウェアのレスポンスは良さそう

公開されている動画を見た結果、「DJI OSMO Action」の魅力がいろいろと分かってきた。

最大の強みは1.4インチ型のディズプレイが本体のレンズ側(外向き側)にあるということ。背面側のディスプレイを2回タップするだけで表示を切り替えることができるようで、使い勝手は良さそう。

動画にしろ静止画にしろ、自分を映したいのに画角に入っているかどうかを確認するためにわざわざアプリで確認するのは手間。「DJI OSMO Action」はその欠点は見事に解消している。

他にも回転式のレンズカバーが用意され、NDフィルターなどを取り付け可能であることは良い。マグネット式ではなく回転式というところに強みがあり、真夏に水中と地上で行ったり来たりしながら撮影する時には固定できる機構があることは重要。

静止画に関してはシャッターラグが全くないようで、動画に関しては手ぶれを強力に補正してくれる「ロックステディ」対応により、「GoPro HERO7 Black」に引けを取らない安定した動画を撮影することができる。

比較動画を見る限りでは手ぶれ補正に関しては大きく変わらないようだが、自動露出に関しては若干GoProの方が速いという意見もある。色味に関しても両社で差があり、好みが分かれるかもしれない。

操作性に関しては「DJI OSMO Action」を評価する声が多い。僕自身も「GoPro HERO7 Black」を持っているが、本体の操作性はお世辞にも使いやすいとは言い難い。

以下、どうぞご覧あれ!





タグ#比較
「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索