DJI史上最小の3軸スタビライザー「Osmo Pocket」、正式発表

Osmo Pocket Official Release

DJIから、同社史上最も小さい3軸スタビライザー「Osmo Pocketが正式に発表された。価格は税込44,900円。

本体サイズは121.9mm x 28.6mm x 36.9mm、重量は116g。誰でも片手で持つことができるコンパクトなサイズ感が魅力。電子式手ブレ補正や光学手ブレ補正では実現できないスムーズな映像を撮影することができる。

グリップ部分には握ったまま簡単に親指で押せる撮影用ボタンなどが用意されている他、タッチスクリーンも用意され撮影モードや撮影画質などの切り替えなどを簡単に行うことができる。

様々な撮影モードを用意、専用アプリ「DJI Mimo」も提供

カメラは1/2.3センサーを搭載し、4K/60fpsの動画撮影が可能視野角は80°(FOV)、レンズはF2.0。これらを活かしたクリエイティブな撮影モードも用意されている。

例えば、スリリングなアクションショットをスムーズに撮影できる「FPVモード」、被写体をタッチパネル内でタップして被写体に常時ロックオンされるように撮影できる「アクティブトラック」など。

美しい風景をより広い範囲で収めることができる「3×3パノラマ」、数時間分の映像を数秒で表示してくれるタイムラプス機能に手ぶれ補正を活かしたカメラの首振りなどを加えた「モーションプラス」、三脚不使用でも2〜3秒の長時間露光を可能にする「ナイトショット」も用意されている。

さらに専用アプリ「DJI Mimo」も用意され、誰でも手軽に格好良い映像を制作することができるように。プロモードを利用すればRAW形式の写真やD-Cinelikeの動画も撮影可能に。

専用アクセサリも充実。持ち運びながら充電できる専用の充電ケース、水深60メートルまで「Osmo Pocket」を持っていくことができる防水ケースなどが用意されている。

「カメラ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索