謎の人物、登場!Instagramの翻訳が深読みしすぎだと僕の中で話題に

Nobody jim
先日、Instagramに翻訳機能が実装された。


昨日、僕が投稿したジムの写真に対し、友人が新たに実装された翻訳機能で英語に変換してみたところ、翻訳機能が深読みしすぎたせいで意味不明な英語として出力されていたので、紹介する!

Jimって誰だよ、Jimって!翻訳機能、しっかりしろ!

まず、僕が投稿したのはこちら。昼前にジム行ったせいでほとんど人がいなかった。

誰もいないジムだぜイェー•̀.̫•́✧

g.O.R.iさん(@planetofgori)が投稿した写真 –


これを翻訳した結果が以下。

Instagram Translation Sucks
Instagramによると「誰もいないジムだぜイェー•̀.̫•́✧」を翻訳すると「Nobody Jim. Yeah. It’s •̀.̫•́✧」になるらしい。これをさらに翻訳すると「誰でもない、ジム君。イェア!それは •̀.̫•́✧」となる。

続いて、時折予想の斜め上をいくGoogle翻訳でInstagramに翻訳された英語を日本語に翻訳してみた。Google Translate
誰もジム。うん。それは、•。•✧です」だそう。全く意味が分からない。

そもそも元の文章を英語に翻訳するとどうなるのか。

Google Translate
試してみたところ、「Everyone ze’s gym not yeah • .̫ • ✧」となった。カオスとしか言いようがない。とは言え、少なくとも「ジム」を自分ではなくトレーニングの場として認識してくれただけまだマシだろう。

国や言語の壁を超えて写真で交流することができるInstagram。写真とともに投稿されているメッセージの意味が分かれば写真そのものも楽しめるに違いない。

とは言え、この翻訳精度を見るとまだまだ精度は改善の余地があるかもしれない。時間が経てば改善されるとは思うが、多言語の投稿を翻訳した結果、万が一ショッキングな内容が表示されたとしても翻訳がそもそも間違っている可能性を念頭に置いておきましょう!

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!