Google、iPhone向けにアクティビティトラッカーアプリ「Google Fit」を配信開始

Google Fit App Store

GoogleからiPhone向けにアクティビティトラッカーアプリ「Google Fit」が配信開始された。

Google Fit」では、iPhoneやApple Watchのセンサーを利用して心拍数、スピード、ペース、ルートなどが記録することができ、ランニング、ウォーキング、サイクリングの分析データや統計情報を確認することが可能。

「通常の運動」と「強めの運動」の2軸で運動量を可視化

世界保健機関(WHO)とアメリカ心臓協会(AHA)と共同で、健康増進に役立つ2つの新しいアクティビティ目標として「通常の運動(分)」と「ハートポイント(強めの運動)」を設定し、どのような運動をどのくらい行えば健康を維持できるのかを可視化。

「通常の運動」とはエレベーターに乗らずに階段を使うことや、コーヒーを飲みに行く代わりに散歩に行くことを小さいなりに健康維持に貢献したとカウント。分数で測定される。

一方、「ハートポイント」は運動によって得られる運動量をポイントで換算したもの。例えば、犬の散歩中に歩くペースを早める程度の適度な運動であれば1ポイント、ランニングやキックボクシングなどのハードな運動であれば2ポイントとなっている。

Appleの「ヘルスケア」アプリとも連携し、「MyFitnessPal」や「Runkeeper」などで取得した情報を反映できる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneアプリ関連情報・ニュース」新着記事
トレンド検索