iOS/iPadOS 15でAMPページが表示されない不具合が報告

Googleは不具合を認識、近日中に修正すると発表

Google AMP

iPhone 6sからの買い替えを決意した理由が「ジムの予約を勝ち取るため」というお姉さまの話』の検索結果

iOS 15が動作するiPhoneとiPadOS 15が動作するiPadにおいて、AMPページが検索結果に表示されない不具合が報告されている。iOS 14以前では動作する。

Googleは今年7月、検索結果から「AMP」ラベルを廃止。検索結果上ではAMPページの有無は確認できないが、iOS 14以前は対応サイトを開くとAMPページに遷移していた。iOS 15では、AMPページが表示されず通常のページに遷移する。

意図的にAMPページをブロックしたとの説、Googleが否定

一部では、AMPページをブロックするSafari拡張機能の台頭で、Googleが意図的にAMPページをブロックしたとの説が浮上していたが、GoogleのDanny Sullivan氏が否定。iOS 15の不具合で近日中に修正されるとコメントしている。

なおAMPページを通常ページにリダイレクトしてくれるSafari拡張機能として「AMP Shockwave」などがある。

(Source: MacRumors

公開情報
更新日2021年10月07日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:612547)

    AMPよ無くなれー…

  2. 通りすがりの読者(コメントID:612519)

    素晴らしいバグ。このままAMP廃止でいいんだけどな。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索