PewDiePie、個人のYouTubeクリエイターとして世界で初めてチャンネル登録者数1億人を突破

日本のトップは「はじめしゃちょー」でチャンネル登録者数812万人、「HikakinTV」が763万人

PwerDiePie 100million subscribers

スイス出身のYouTuber、Felix Kjellberg氏が運営するYouTubeチャンネルPewDiePie」の登録者数が1億人を突破した。個人のYouTubeクリエイターとして世界初の快挙だという。

ちなみに、日本では「はじめしゃちょー」がチャンネル登録者数812万人、「HikakinTV」が763万人となっている。1億人とく数字がいかにとんでもないことかがよく分かる。

この歴史的記録を打ち立てたのは2019年8月25日。PewDiePieが最初の動画をアップロードしたのは2010年10月だったことから、約9年間で辿り着いたことになる。


最初にアップロードされたPewDiePieの動画

残念ながら登録者数1億人を突破した初のYouTubeチャンネルではない。今年3月に登録者数を競っていたインドのレコード会社「T-Series」が今年5月29日に世界で初めて大台を突破。PewDiePieとは一時期、登録者数の世界一の座をかけた争いを繰り広げていた(Wikipediaに「大登録者戦争」として登録されるほどの社会現象になった)。

PewDiePieといえばゲーム実況者として有名だが、最近では幅広いコンテンツを発信していた。最近はまた「Minecraft」のゲーム実況動画が増えている。

(Source: The Verge

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. よーた

    めでたい!!!日本のYouTubeの市場規模もどんどん大きくなってくれるといいなぁ😮

「YouTube」新着記事
トレンド検索