YouTube、アノテーションの代わりとなる「カード」機能を導入へ

Youtube cards


【img via 9To5Google

YouTube動画内に表示されていたアノテーションが以前に比べて大幅にインタラクティブになる!

本日、YouTubeはアノテーションの代わりとなる「カード」機能を発表した!昨年6月頃からテストしていたものがついに正式リリースされたようだ。

YouTuber歓喜?!アノテーションが大幅に進化

アノテーション、と言われてピンと来ない人は、最近視聴したYouTube動画を思い出してみよう。動画内に表示されるポストイットノートのようなメモ、あれがアノテーションだ。

今回新たに発表されたカードには「Merchandise(商品紹介)」「Fundraising(資金調達)」「Video(動画)」「Playlist(プレイリスト)」「Associated Website(関連サイト)」「Fan Funding(視聴者ファンディング)」の6種類から選び、導入することができる。

自分のYouTubeアカウントにアップロードしている動画を確認してみたところ、確かに「Cards」という機能が追加されていた。

Youtube cards

導入すると、以下のように表示される仕組み。

Youtube cards

それぞれのカードを導入した動画サンプルは以下からどうぞ!

Merchandiseカードのサンプル

Fundraisingカードのサンプル

Videoカードのサンプル

Playlistカードのサンプル

Associated Websiteカードのサンプル

Fan Fundingカードのサンプル

現行のアノテーションは引き続き継続されるようだが、最終的にはカードに移行し置き換える計画となっている。

YouTuberの皆さん、カードは試してみましたか?使い勝手はいかがですか?

(via 9To5Google