YouTube、12年ぶりにロゴを刷新、公式アプリの新機能を発表

YouTube New Logo

YouTubeは12年ぶりにロゴを刷新し、公式アプリに様々な新機能を追加することを発表した

新ロゴは赤い再生ボタンが「YouTube」の左側に置かれたデザイン。「Tube」が赤枠の中にある旧ロゴよりも赤の色合いがビビッドでポップになっている。

YTLogo old new 1680

既に僕の環境ではデスクトップ版YouTubeで新ロゴが反映されていることを確認。全体的にMaterial Designが適用され、2005年に誕生した頃から比べて進化していることが分かる。

Desktop evolution

一部ユーザーに提供が開始されていた「ダークモード」も正式な機能としてリリースされている。

新デザイン、再生速度の調整、縦向き動画の対応など

最も大きく変わっているのはiOS/Android向けのYouTube公式アプリ。

まず、デザインが代わり、ライブラリやアカウントタブが追加された。特徴的な赤いヘッダーが白くなる

動画の右側をダブルタップすると10秒早送りすることができ、左側をダブルタップすると10秒巻き戻すことができるジェスチャーは今年2月に提供開始されたが、今後は左右のスワイプで次の動画・前の動画に切り替えることができるジェスチャーも検討しているとのこと。

デスクトップ版では再生速度を変更することができるが、今後はモバイルアプリでも利用可能に。また、スマホを縦向きのまま動画を撮影する人も少なくないと思うが、縦向きで撮影された動画であれば端末を縦向きのまま、全画面で再生可能になる

動画を再生中に上向きにスワイプすると関連動画が表示される機能を強化することも紹介されているが、具体的な内容については明かされていない。

これらの新機能および変更点は順次適用されると思われる。

もっと読むYouTubeまとめ