神社やお寺も電子マネーを導入!最近のお賽銭が楽天Edyに対応していて衝撃的だと話題に!

お賽銭をEdyで支払う

参拝する時に多くの人が捧げるお賽銭

語呂合わせで「御縁に巡り会える」という意味で5円、「二重の御縁」という意味で25円を投げ入れる人が多いが、最近のお賽銭は楽天Edyに対応していて衝撃的だとTwitterで話題にになっている!カードやスマホを置くだけで完了、だなんて…。

お賽銭を「投げ込む」のではなく「タッチする」

初詣の際に経験するお賽銭。大半の人は多くても年間数回しかお参りしないと思うが、人によっては毎日参拝する人もいるため、お賽銭は「負担のない程度」のの金額をお供えするのが良いとされる。

元々お賽銭は「投げ込む」のが風習だが、最近のなんと「タッチする」ことでお賽銭を捧げることができるようだ。日々テクノロジーの進歩で世の中が便利になっているが、お賽銭箱が現代テクノロジーを取り入れるとは完全に予想外だ。なんてこったい。

設置されていたこのお賽銭箱は、金額を入力して楽天Edyカードを置くと引き落とされる仕組み。まさかこんな場所がデジタル化されているとは思わなかったなあ…。

どれほどの利用者がいたのか、気になるね!

(via Twitter