iOS 14.5、ソフトウェアアップデートをOSとセキュリティで分離か

iOS 15以降、iOS 14用にセキュリティアップデートのみ配信することが可能に

Iphone update screen

iOS 14.4.1のアップデート画面

AppleはiOS 14.5以降、ソフトウェアアップデートを、OS部分とセキュリティ部分に分離してアップデート可能にする機能を準備している可能性がある。9to5Macによると、最新のベータ版(iOS 14.5 Beta 4)の「自動アップデート」項目には、「新しいアップデートをダウンロード」と「セキュリティアップデートをインストール」のオプションが追加されているという。

Macではすでに旧OS向けにセキュリティアップデートを提供

iOSアップデートは、これまで柔軟性に欠けていた。従来はセキュリティに関するアップデートがOSのアップデートに含まれている場合、別々に行うことはできない。今後はセキュリティアップデートのみ適用可能になると見られる。

macOSでは、OS部分とセキュリティ部分を別々に管理。最新バージョンはmacOS Big Surだが、macOS Mojaveでも最新のセキュリティアップデートは配信されている。

Appleは、6月に開催が予想されているWWDCで「iOS 15」を正式発表する可能性が高い。iOS 14.5のアップデート機能が正式にリリースされた場合、「iOS 15」の正式リリース後もiOS 14向けにソフトウェアアップデートを配信する可能性がある。

iOS 14.5はマスク着用時でもApple WatchでiPhoneのロック解除が可能になる新機能デュアルSIMの5G完全対応などのアップデートが確認されている。

iOS 14.5の新機能ニュース

関連情報
カテゴリiOS 14
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 14」新着記事
トレンド検索