iOS/iPadOS 15.1やwatchOS 8.1などのBeta 4、開発者向けに配信開始

前回ベータではApple ProResが有効化、自動マクロ機能を無効化するオプションが追加

Daniel korpai wWZ57knMQY8 unsplash

Appleは10月14日、iOS 15.1 beta 4」「iPadOS 15.1 beta 4」「watchOS 8.1 beta 4」「tvOS 15.1 beta 4」を開発者向けに配信開始した。

前回のiOS 15.1 Beta 3では、iPhone 13 Pro/Max向けにApple ProResが有効化。また自動マクロ機能を無効化するオプションが追加されている。

これまでのベータ版リリースでは、延期されたSharePlayの復活、HomePod向けにロスレスオーディオとドルビーアトモスのサポート追加が確認されている。

今回配布された各OSのビルドナンバーは下記のとおり。

  • iOS 15.1 beta 4 (19B5068a)
  • iPadOS 15.1 beta 4 (19B5068a)
  • watchOS 8.1 beta 4 (19R5566a)
  • tvOS 15.1 beta 4 (19J5567a)
関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索