「iOS 9.3」の「Night Shift」モード、「iPhone 5s」以上が対応

Night Shift Mode

数ヶ月以内に正式リリースされるであろう「iOS 9.3」。先日初のベータ版がリリースされたが、中でも特に多くの注目を浴びていたのが「Night Shift(ナイトシフト)」モード。

これは、端末のディスプレイをカラーを調整し、ブルーライトをカットしてくれるという新機能。寝る前にどうしてもiPhoneを見ずにはいられないという人にとっては目に対する刺激を抑えてくれる、健康的に良い機能だ。

実際に自分のiPhoneやiPadで試すことを心待ちにしている人も多いかもしれないが、注意しなければならない点がある。それは、「Night Shift」モードが全てのiPhoneに対応している機能ではないということ。具体的にはiPhone 5s」以上のiPhoneや「iPad Air」「iPad mini 2」以上のiPadでなければ使用することができないのだ!

本記事では「Night Shift」モードを利用できるデバイスを紹介する!

64bitプロセッサを搭載しているiOSデバイス限定

「Night Shift」モードを利用できるか否かは搭載されているプロセッサが64bitであるか否かで決まる。よって、「A5」から「A6X」のチップを搭載している2012年までに発売されたデバイスは「Night Shift」モードが利用できない。

一方、2013年以降に発売された「A7」チップ以降を搭載しているデバイスはブルーライトをカットすることができる。もちろん、今年発売されるであろう「iPhone 7」や噂されている4インチ型iPhoneも利用できると予想される。

「Night Shift」モードが利用できるデバイス一覧

チップ 端末
A7(2013) iPhone 5siPad AiriPad mini 2、iPad mini 3
A8(2014) iPhone 6iPhone 6 Plus、iPad mini 4、iPod touch (第6世代)
A8X(2014) iPad Air 2
A9(2015) iPhone 6siPhone 6s Plus
A9X(2015) iPad Pro

「Night Shift」モードが利用できないデバイス一覧

チップ 端末
A5(2011) iPad 2、iPhone 4s、iPod touch (第5世代)、iPad mini
A5X(2012) iPad (第3世代)
A6(2012) iPhone 5iPhone 5c
A6X(2012) iPad (第4世代)

対応していないデバイスを持っている人はそろそろ買い時かもしれないですね!

「iOS 9.3」のベータ版がリリース!過去最大級となるアップデートの新機能・変更点まとめ


(via MacRumors

もっと読むiOS 9まとめ
FOLLOW / 最新情報を購読