ソフトバンクからもiPad mini Wi-Fi + 3G(LTE)モデルの料金プランが発表!KDDIと同様にスマートフォンセット割引有り!

ipad mini ソフトバンク

KDDIに引き続き、ソフトバンクもiPad mini Wi-Fi + 3G(LTE)モデルの料金プランを発表した!KDDI同様に自社スマートフォンを所有している人に対する優遇キャンペーンは実施する方向だ!

程々に使う人は「ゼロから定額プラン for 4G LTE」!

まずはソフトバンクのスマートフォンを契約している人向けの料金プランから。

KDDIと同様にあくまでも3G(LTE)回線を使わなかった場合パケット通信費が0円なると言うだけで、完全にタダで利用できるわけではない。

基本使用料 0円〜4,935円
ウェブ基本使用料 0円〜315円
ソフトバンクWi-Fiスポット使用料金 490円
端末代金 1,650円(16GBモデルの場合)
毎月の支払額 2,140円〜5,740円

赤文字は3G(LTE)を一切使わなかった場合の料金。そんな使い方をするつもりなら確実にWi-Fiモデルの方が良いと思うので、そっちを買いましょう。

ただしソフトバンクの場合はこれに加えてスマートフォン下取りキャンペーン「スマホ下取り割」を併せて利用することができる。月々490円の割引でなんと毎月の支払いを1,650円まで落とすこともできるようだ。

詳しくはこちらからどうぞ

3G(LTE)をバリバリ使う人は「ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」!

これも同じくソフトバンクのスマートフォンを契約している人限定の料金プラン

「ゼロから定額プラン for 4G LTE」との違いはパケット通信費が定額固定かどうか。こちらのプランは毎月3G(LTE)回線を使い込む前提で最初から定額を支払う分、上限の金額が若干安い料金プラン。月々の料金は4,725円から。

ただ、これも同様に各種キャンペーンと併せて利用することが可能。「スマホ下取り割」で1,000円、「スマホBB割」で1,480円どちらも適応した場合、毎月の料金が2,245円からとなる。

詳しくはこちらからどうぞ

ソフトバンクのスマートフォンを持っていない人向けのプラン

ソフトバンクのスマートフォンを持っていない人の料金プランは5,775円から!ただし、これも他の料金プランと同様にキャンペーンと併用できるので、「スマホ下取り割」で1,000円、「スマホBB割」で1,480円どちらも適応した場合、毎月3,295円からとなる。

詳しくはこちらからどうぞ

ソフトバンク版iPad miniのの料金まとめ!

ソフトバンク版iPad miniの料金プランとその該当者は以下のようになる。

ソフトバンクのスマートフォンを持っている人

  • 「ゼロから定額プラン for 4G LTE」:iPad miniを外ではたまに使いたいと思っている人向け。最低2,140円/月から最大5,740円/月。「スマホ下取り割」と併用すると1,650円/月にすることも可能。
  • 「ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE」:バリバリiPad miniを外で使いたいと思っている人向け。4,725円/月からだが、「スマホ下取り割」「スマホBB割」と併用して2,245円/月になる。

ソフトバンクのスマートフォンを持っていない人

  • ソフトバンクのスマートフォンを持っていない人が選べるのはこの料金プランのみで、5,775円/月から。ただし、「スマホ下取り割」「スマホBB割」と併用して3,295円/月になる。

ソフトバンクにしろKDDIにしろ、毎回料金プランが分かりづらい…。

KDDIからiPad mini Wi-Fi + 3G(LTE)モデルの料金プランが発表!auのスマートフォンを持っていれば基本料金0円〜 | gori.me

iPad miniの3G(LTE)対応モデルがWi-Fi限定モデルよりもさらに魅力的だと思う理由 | gori.me

もっと読むiPadまとめ