アンカー・ジャパン、全規制対象製品のPSEマーク表示を完了

Anker PSE

Ankerグループの日本法人、アンカー・ジャパン株式会社は1月30日、モバイルバッテリーや完全ワイヤレスイヤホンなど、全ての対象製品に対し、PSEマーク表示を完了していることを発表した。

独自に高い品質基準を設けて検査・品質管理を徹底

この対応は、2018年2月1日に経済産業省より発表された、電気用品安全法に基づくポータブルリチウムイオン蓄電池の規制対象化を受けて実施。アンカー・ジャパンでは改正後、すぐに「Anker」およびオーディオブランド「Soundcore」などの対象製品の洗い出しに着手し、段階的手続きを進めてきた。

Anker公式オンラインストアやAmazonなどの直営オンライン店舗、家電量販店などで今後販売される対象製品には適切にPSEマークが表示されているが、AnkerグループではPSEマークの取得以前も必要な技術基準に適合した製造を行っていると説明。

加えて、独自に高い品質基準を設けて検査・品質管理を徹底しているため、規制対象化前に購入した製品でも安心して利用することが可能だという。

Anker製品には偽物が出回っていた時期もある。正規品であることを確認した上で購入するべし。

「iPhoneアクセサリー」新着記事
トレンド検索