Anker、IPX7防水の360度ワイヤレススピーカー「Soundcore Flare」を2018年夏頃に発売へ

Anker SoundCore Flare 01

Ankerのオーディオブランド「Soundcore」シリーズとして、アウトドアレジャーでの利用を想定した360度ワイヤレススピーカー「Soundcore Flare」が発表された。

全方位に音が広がる360°サウンドと力強い低音を響かせるBassUpテクノロジーによって迫力のある音を実現。実際に聴かせてもらったが、部屋のどの位置からでも十分な音量と低音が楽しめた。

IPX7仕様の防水規格に対応し、約12時間の連続再生が可能。必要かどうかは分からないが、LEDライトによるムードコントロールに対応し、専用アプリで操作することができる。

2台目を追加し、ワイヤレスステレオペアリングも利用することができる。

「Soundcore Flare」はどことなく「Bose SoundLink Revolve」と似ている。シリーズ展開も、上位機種を用意しているあたりが似ている。
Anker SoundCore Flare 02

目の前で防水性能を実現してもらった。躊躇することなくドボンッとスピーカーを放り込んだが、本体を軽く拭き取るだけで本尾通りの音質似戻った。
Anker SoundCore Flare 03

この状態でも音が流れていた。低音で水がブクブクしている世数が確認できた。
Anker SoundCore Flare 05

予定販売価格は6,666円となっていて、2018年夏頃に発売される予定。