【レビュー】allroundoーーLightning/micro USB/USB-C対応の6-in-1充電ケーブル

Allroundo 6 in 1 cable review 13

iPhone XS」はLightning端子だが、「MacBook Pro」から充電する場合はUSB-C端子が必要、USB急速充電器にあるのは通常のUSB-Aでワイヤレスイヤホンを充電するにはmicro USB。僕らは1本のケーブル、1種類の端子で1日を過ごすことは不可能なのだ。

そこで便利なのがallroundo(オールラウンド)」という6-in-1ケーブル。必要に応じて端子を付け替えることができるため、ケーブル選びに悩む必要がない!

1台サンプルを提供していただいたので、紹介する!

付け替える手間を気にしなければ、1つあると安心する

allroundo」は専用の持ち運び用ケースに入れられ、基本のケーブルとなる1本のmicro USBケーブルと3種類の端子が入っている。
Allroundo 6 in 1 cable review 01

用意されている端子はUSB-C端子が2つとLightning端子が1つ。
Allroundo 6 in 1 cable review 03

micro USBケーブルとして使いたい場合はケーブル本体をそのまま取り出すだけ。
Allroundo 6 in 1 cable review 02

Lightning端子をmicro USB端子に被せればLightning – USBケーブルの完成。
Allroundo 6 in 1 cable review 04

USB-C端子をmicro USB端子に被せればUSB-C – USBケーブルの完成。
Allroundo 6 in 1 cable review 05

接続元であるUSB-A端子にUSB-C端子を被せればば、USB-C – micro USBケーブルが完成。
Allroundo 6 in 1 cable review 06

とは言え、一般的にはUSB-C – Lightningケーブルとして使う方が需要ありそう。
Allroundo 6 in 1 cable review 08

両端子をUSB-Cに変更し、USB-C – USB-Cケーブルとして使うことも可能。
Allroundo 6 in 1 cable review 07

使い終わったらケースに各端子とケーブルを収納すればコンパクトに持ち運びすることができる。
Allroundo 6 in 1 cable review 09

手のひらサイズなのでポケットに入れて持ち運ぶこともできるが、僕はバックパックの中に常備している。
Allroundo 6 in 1 cable review 10

合成皮革が使用されたループストラップもあるので、キークリップやカラビナに取り付けて持ち運ぶこともできる。
Allroundo 6 in 1 cable review 12

USB-C端子はUSB PD(Power Delivery)に対応しているわけではないので、Macの充電用としては使えないが、iPhoneやiPad、ワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリーなど、身の回りにある小型の電子機器を充電する上で「allroundo」があると単純に便利。

付け替える手間は発生するものの、充電できるケーブルがない、という状況にならない安心感は魅力的。様々なガジェットを持ち歩いている人は1つ持っておくと心強いアイテムかもしれない。

7.010
allroundo