どう違うの?!iOS 4・Android・Web OSのマルチタスクを比較してみた

ios7-multicast-conept.png

WIREDで面白い記事があがっていたので、そこで紹介されてたYoutubeを紹介。

どれが良いか悪いかはおいといたとして、「マルチタスク」といってもこんなに違うって面白いね。動画張るだけっていうのも勿体無いので、簡単に比較してみた。ま、詳しい比較は原文をどうぞ。

iPhone4(iOS4)のマルチタスク

  • アプリの切り替え:ホームボタンダブルクリック
  • マルチタスク中のアプリの終了方法:マルチタスク中のアプリを長押し→終了

Android(Android OS)のマルチタスク

  • アプリの切り替え:ホームボタン長押し
  • マルチタスク中のアプリの終了方法:終了する、という概念がないらしい。メモリが足りなくなったらOSが勝手にメモリを開放してくれるそうだ

Palm Pre(Web OS)のマルチタスク

  • アプリの切り替え:本体下からスワイプ
  • マルチタスク中のアプリの終了方法:カードを上方向にスワイプ

UIと使い勝手だけで見たら、僕はやっぱりPalmのマルチタスクが一番好き。脱獄していたときにPalmのマルチタスクを真似たMultiFl0wは、使っていて気持ちいいし、楽しかった。上にスワイプしてアプリを終了する、というのは、長押しして終了するiOS4に比べたら圧倒的に使い勝手が良い。ただ、最終的には、グラフィックとメモリを喰うことを理由にKirikae使っていたけどね。

もっと読むAndroidまとめ
もっと読むiPhoneまとめ