iPhoneがGoogleフォトにオリジナル画質・無制限保存を無料で利用できるのは”バグ”、今後”修正”へ

具体的にどのようにこの「バグ」を「修正」するのかは不明

Google Photo App for iphone 01

iPhoneで撮影した写真がGoogleフォトにオリジナル画質・無制限保存を無料で利用できることが判明したが、Android Policeが問い合わせたところ、Googleの広報担当者は「このバグについて把握しており、修正に向けて動いている」とコメントしたと伝えている。

そもそもなぜこのような事態が起きたかというと、iPhoneで撮影された写真はHEIFフォーマットで撮影され、そのファイル容量はGoogleが圧縮するJPG画像フォーマットよりも小さいことから圧縮の対象とならず、オリジナル画質のままアップロードされ無制限に保存できてしまっていた。

Googleはこの「バグ」を「修正する」方針を明らかにしているが、具体的にどのような対策を取るのかは不明。

HEIFフォーマットの写真をさらに圧縮するのか、無理やりHEIFフォーマットの写真をJPEGフォーマットに変更してさらに圧縮するのか。すでにアップロードされた写真の対応についても一括で圧縮するのか、今後アップロードされる写真が対象となるのかなどについても不透明。

今後の動向はしばらく見守ることになりそうだ。

ストーリータイムライン
コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. なまら

    やぶ蛇になったんと違うかな?

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索