ソフトバンクオンラインショップ

5.5インチ型iPhone SE Plusは2021年3月発表、A13 Bionicチップ搭載か

ホームボタンを搭載した”Plus”サイズのiPhoneが欲しい人は、来年まで待つ必要あり?

Gori7jb9V9A3321 TP V

Appleは、2021年3月に5.5インチ型ディスプレイを搭載した「iPhone SE Plus」を発表する可能性がある。iPhone SEの発表日を正確に予測したJon Prosser氏によると、iPhone SE PlusはiPhone SE(第2世代)と同じA13 Bionicチップを搭載するという。

iOS 14のコード内から発見された情報とも一致

Appleの情報を正確にリークしてきた実績を持つ有没有搞措氏も、Jon Prosser氏と同じ予測をしている。「iOS 14」のコードには、A13 Bionicチップを内蔵、Touch IDを搭載した、5.5インチモデルを示唆する情報が発見されていた。

Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、5.5インチ型または6.1インチ型ディスプレイを搭載した「iPhone SE 2 Plus」が2021年に発表されると予測している

AppleはiPhone SE(第2世代)の発表に伴い、iPhone 8とiPhone 8 Plusの販売を終了。ホームボタンを搭載した5.5インチ型のiPhoneがラインアップから消えた。

ストーリータイムライン
4本の記事を表示する
関連情報
更新日2020年04月21日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索