iOS 6でYoutubeアプリがなくなったのは、ライセンス契約が終了したから?

Youtube

iOS 6のbeta4が本日リリースされて、最も話題になっていたのはこれまであった純正の「Youtube」アプリがなくなっていたこと。

Appleが本格的にGoogle排除の動きを加速してきたのか、と思っている人も多いようだが、どうやら「Youtube」アプリ提供に関するライセンス契約が終了したことによって今回のタイミングで非搭載になったようだ。

The Vergeによると、Appleは以下のようにコメントしている。

Our license to include the YouTube app in iOS has ended, customers can use YouTube in the Safari browser and Google is working on a new YouTube app to be on the App store.

Cnetによると、Youtubeは新しい「Youtube」アプリの開発については特にコメントしていないようだが、今後はiOS標準搭載のアプリではなく、Gmailと同様にApp Store経由で独自アプリを公開する予定とのこと。

かなりこのニュースで衝撃を受けている人も多いようだが、個人的にはそもそもiOS純正の「Youtube」アプリの使いづらかったため、最初からMobile Safariを経由して使っていた。脱獄してからは「ProTube」というJailbreakアプリを使っているのだが、これもMobile Safariをベースにしていて使いやすい。

Google排除の動きには注目していく必要があるが、GoogleのサービスはGoogleが作った方がいいものができるはず!新しい「Youtube」アプリの登場に期待しよう!

(via iDownload Blog