「iPhone 6」はNFCやワイヤレス充電に対応し、下り最大300MbpsのLTEをサポートか?!

iPhone 6 side

iOS 7」から格段に完成度が上がり、OSとしてのクオリティに磨きが掛かった「iOS 8」をプリインストールして出荷されるであろう「iPhone 6」。ソフトウェアがここまでブラッシュアップされるとなると、やはりハードウェアには期待せずにはいられない。

その期待に大いに応えてくれる予感がするリーク情報が入ってきた!VentureBeatによると、iPhone 6」はNFCに対応するだけではなく、ワイヤレス充電を可能にする非接触充電機能を備えている可能性があると報じている!

ワイヤレス充電には期待大!超高速通信も楽しみ!

iPhoneは毎年NFCに対応すると言われ続け、毎年対応せずに新製品が発表されてきた。情報元によると、「iPhone 5s」「iPhone 5c」の時点でNFC対応は検討されていたものの、モバイル決済市場に参入するには時期尚早だったため、見送ったという。

1年後、Appleは「iPhone 6」にNFCを搭載する準備を再度進めているようで、AndroidスマートフォンGoogle Walletを利用する時と同じようにモバイル決済を利用できる仕組みを提供する見通し。

また、「iPhone 6」は現行モデルよりも早いLTE規格「LTE-Advanced Category 6」をサポートすると言われている。「iPhone 5/5s/5c」は下り最大150Mbpsに対応した「Category 4」と呼ばれるLTE規格をサポートしているが、「Category 6」はなんとその倍に当たる下り最大300Mbpsを実現可能。Retina対応コンテンツやリッチマルチメディアコンテンツが増える中、通信速度が向上するのは喜ばしいことだ。

「iPhone 6」は解像度1704×960で、4.7インチモデルのピクセル密度が416ppi、5.5インチモデルが356ppiになることも伝えている。これは以前紹介した情報と一致している。

「iPhone 6」は「iOS 8」という最高のソフトウェアが動作するに値する、最高のハードウェアになるのか?!念願のNFC対応やワイヤレス充電のサポートは期待せずにはいられない!

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)