iFixit、「iPhone XS/XS Max」の分解レポートを公開

Ifixit iphonexs xsmax teardown
【image via iFixit

iFixitが「iPhone XS」と「iPhone XS Max」の分解レポートを公開している。

iPhone XS」に搭載されているバッテリーの電池容量は2,659mAh、「iPhone XS Max」に搭載されているバッテリーの電池容量は3,179mAhあることが確認された。

広角カメラのセンサーサイズは32%大型化、突起も増す

ただ、バッテリーで興味深いのは容量ではない。デザインだ。

iPhone XS」の電池容量は「iPhone X」よりも減ってはいるものの、L字型のバッテリーを2つのセルではなく1つのセルで実現していることが確認できる。一方、「iPhone XS Max」は2つのセルで構成されている。

Iphone xs xsmax batteries

「iPhone XS」シリーズの注目ポイントはカメラ性能となっているが、広角カメラは画角がわずかに広くなっているだけではなく、センサーサイズが32%大型化されているとのこと。

また、ピクセルサイズも大きくなっているとのこと。これがApple公式サイトで謳っている「より深く、より大きなピクセルを採用」ということの正体であり、より多くの光をセンサーに取り込むことが可能になる模様。

これはDaring FireballのJohn Gruber氏がAppleから確認を取った情報と一致している。

「iPhone XS」シリーズはIP67からIP68まで防水性能が向上したと発表されているが、iFixitによると「iPhone X」と比較して特に目立った加工が見当たらないと指摘している。

修理スコアは「iPhone X」と同じ、10段階中「6」という結果に。引き続きディスプレイに画面割れが起きた場合でも、「Face ID」に関するハードウェアを交換せずに修理することができる。

詳細は下記からどうぞ!

もっと読むiPhone XSまとめ
もっと読むiPhone XS Maxまとめ