TikTok、米国でフードデリバリーサービスを提供へ

バズった料理動画を一般販売する「TikTok Kitchen」をローンチへ

Viral Pasta on TikTok

Brown Girls Kichenより

TikTokが、米国でデリバリーサービス「TikTok Kitchen」を2022年3月より提供開始する。既存のリアル店舗のキッチンを”間借り”することでデリバリー専門メニューを提供するVirtual Dining Conceptsと提携し、TikTok内の料理動画で話題になった人気メニューの販売を行う

TikTokの料理動画が持つ影響力は計り知れない。ベイクド・フェタ・パスタは、米国のGoogle急上昇ワード「レシピ」部門でトップを飾るほどだ。ほかにもパスタチップス、スマッシュバーガー、コーンリブなどのメニュー化が予定されている。



成功事例はある。8,510万人以上の登録者を持つYouTubeチャンネル「MrBeast」のJimmy Donaldson氏は、MrBeast Burgerを2022年の秋にリリース。わずか3カ月でバーガー100万個の販売に成功。現在は米国、カナダ、イギリスにおける1,500箇所で販売されている。

TikTok Kitchenのメニューは四半期ごとに変わる予定。常用メニューが用意されるかは不明だ。TIkTokは事業を料理分野の投資と見ており、収益はクリエイターおよびキッチンを提供するレストランで分配するとしている。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年12月18日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索