学生みんなが特待生。

「LINE Login Platform」、公開!LINEアカウントでサードパーティ製アプリ・サービスを利用可能に

Line Login Platform
【img via LINE Engineers’ Blog

LINEがプラットフォームとして欠かせない大きな機能をリリースした!

本日、LINEはLINEアカウントアカウントでサードーパーティアプリやサービスを利用可能にする「LINE Login Platform」を発表した!スマホアプリでもウェブアプリケーションでも使用することができる。

LINEアカウントを使用したログイン機能を組み込むことが可能に

TwitterログインやFacebookログイン、Googleログインなどに並んでついに「LINEログイン」が利用可能になる

アプリの場合、ユーザーの端末にLINEアプリがインストールされていれば冒頭のスクリーンショットのように「Log in with LINE」というボタンが表示される。タップし、次の画面にある注意書きに同意すれば簡単にログインが完了する。

ウェブの場合はLINEアプリ内で登録してあるメールアドレスとパスワードを入力することによってログインすることができる。開発者としてはアプリもウェブも独自にアカウントを発行する仕組みを開発する必要はなく、LINEユーザーを認証することができる。

Line Login Platform 2
【img via LINE Engineers’ Blog

LINEログインを実装したい開発者は「LINE Developers」にアクセスし、Partner登録ならびにChannnel登録をする必要がある。なお、記事執筆時点においては法人のみ申請を受け付けているとのこと。

詳細については以下からどうぞ!

(via LINE Engineers’ Blog