【レビュー】電池交換の必要性なし!Mac用外部キーボード「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」を再購入した!

Logicool k760 wireless solar keyboard
電池交換をする必要がない、延々に使い続けることができるお気に入りのソーラーキーボードを新潮した!


約1年前に購入した「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」だが、僕の酷なキーボード叩きに耐え切れず先日より動作が全体的に不安定になってしまったため、物の扱いをもう少し大事にしようと反省しつつ同じものを買い替えることにした。大のお気に入りなので、改めてその良さを紹介する!

電池交換が不要であること、そしてMac専用のキーボードであることが魅力!

お馴染みのパッケージがこちら。「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」はMac用のワイヤレスキーボードでありながらソーラーパネルによる電力供給ができるのが魅力的。キータッチもMacの純正のキーボードほど気持ちよくはないが、かなり近いところまで再現できているため、快適にタイピングをすることができる。
Logicool k760 wireless solar keyboard
ワイヤレスでソーラーパネル駆動であることに加え、最大3つのBluetoothデバイスを登録しワンタッチで切り替えることができる。つまり、Mac・iPad・iPhoneと予めペアリングしておけば同じキーボードから簡単に入力することができるのだ!便利過ぎる!
Logicool k760 wireless solar keyboard
そしてこちらが「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」!ファンクションキーを有効にするためには専用ドライバーが必要なので、新しく買う人はお忘れなく!僕の場合は既にMac側にインストールされているので今回は追加でインストールする必要はない。
Logicool k760 wireless solar keyboard
キータッチの浅さも純正のApple Wireless Keyboardと同程度。
Logicool k760 wireless solar keyboard
実際に使うと分かるが、純正キーボードとの違いは押した時の感触が若干「ペタペタ」していること。僕もApple Wireless Keyboard至上主義だったので使い始めた当初は違和感を感じたが、日々叩いているうちにすぐに慣れてしまったのでそれほど心配する必要はないように思える。
Logicool k760 wireless solar keyboard
傾斜はこの程度。
Logicool k760 wireless solar keyboard
ソーラーパネルが設置されている分、キーボードが全体的に縦長となっている。純正キーボードよりも多少スペースを確保する必要がある。
Logicool k760 wireless solar keyboard
キーボードが脆いのではなく、明らかに僕が強く叩き過ぎたせいで故障してしまった1台目の「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」。今回購入した2台目は少なくとも1台目よりも長く使い続けることができるように、大事に扱いたい!大事に扱います!

以前「Logicool ワイヤレス ソーラーキーボード k760」を紹介した記事では「Apple Wireless Keyboard」ととの比較など細かく書いているので、併せてどうぞ!

電池不要!永遠に使い続けられるソーラーパネル型のワイヤレスキーボード「Logicool Wireless Solar Keyboard K760」レビュー | gori.me(ゴリミー)


あわせて読みたい
もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法