キーボードだけで操作!Alfredでファイルやフォルダを任意のアプリケーションで開く方法!

mac alfred
【img via Mac Keyboard by DeclanTM

作業している時にキーボードから手を離さずに作業をしたいという人も多いはず。僕自身も可能であればキーボードに手をおいたまま作業をしたい。

お気に入りのランチャーアプリ「Alfred」を使ってファイルやフォルダを任意のアプリケーションで開く方法はないのかな、と思って調べていたら当たり前のようにあったので、紹介する!!


HTMLファイルをデフォルトでブラウザで開くようにしているが、ソースを修正したいのでCoda 2で開きたい、という人もいるはず。そんな時に役立つのがこの昨日。有料版のPowerpackを購入した人のみ利用できる機能となっている。

僕の場合はこの記事のために作成した画像をImageOptimで開いて圧縮する作業をAlfredで行なってみた。以下がそのやり方。

使い方

まずはAlfredを起動し、ファイルを検索。該当するファイルが出てきたらタブキー(デフォルトは右方向キーに設定されているはず)を押して選択。
afred

ここでコマンドキーをダブルタップしてアクションメニューなるものを表示する。コマンドキーのダブルタップも自分自身で指定できるので、後ほど説明する。色々なメニューが表示されるが、今回は標準に設定されているアプリケーション以外のアプリケーションで起動したいので一番上の「Open with…」を選択。
afred

ImageOptimを検索して選択。エンターを叩くとImageOptimでファイルが開き、圧縮が始まる!便利!!
afred

キーボードショートカットの指定は「File Navigation」から!

このキーボードショートカットはサイドバーの「SYSTEM」にある「File Navigation」にある。僕はコマンドキーダブルタップに指定している。
afred

これでちょっとしたファイル操作はマウスを使わずにできるね!Alfred、使いこなせば使いこなすほど便利なので、未だにSpotlightだけで我慢している人はまずは無料版を試してみるべし!!

※ちなみに有料版のPowerpackを購入する場合、Mac App Storeからダウンロードしたバージョンだとなぜか使えないので、一度Mac App Storeでダウンロードしたバージョンを削除し、公式ページから再度ダウンロードする必要があるので注意!

(via MacBook Air とWordPressでこうなった