「Alfred」の右端にある帽子アイコンを非表示にする方法

Alfredの右にある帽子アイコンを非表示にする方法

「Alfred」の右端にある帽子アイコンが邪魔だ。特に「Alfred」のでザインを「OS X Yosemite」に合わせているのであれば、より一層邪魔だ。

シンプル・イズ・ベスト!本記事では「Alfred」の右端にある帽子アイコンを非表示にする方法を紹介する!

「Alfred Preferences」の「Appearance」から変更

「Alfred」の見た目を変更するため、「Alfred Preferences」の「Appearance」を開く。3つのタブのうち、一番右にある「Options」をクリック!

左上に「How he looks」という項目の一番上に「Hide hat on Alfred window」があるはず。ここにチェックを入れることによって帽子アイコンが非表示になる。たったそれだけだ。
Alfredの右にある帽子アイコンを非表示にする方法

シンプルになった「Alfred」は美しい!

非常にシンプルで美しくなった「Alfred」をご覧頂きましょう!まずはビフォー。帽子の存在感が大きい。
Alfredの右にある帽子アイコンを非表示にする方法

続いてアフター!帽子のアイコンを非表示にした結果、非常に美しい!
Alfredの右にある帽子アイコンを非表示にする方法

これだけでも十分シンプルになったが、「Alfred」は検索ボックスのみにしたい、という人は右上にある設定用のアイコンが邪魔で邪魔で仕方がないだろう。これについては同じ設定画面にある「Hide prefs cog on Alfred window」という項目にチェックを入れると非表示になる!楽勝!

Alfred settings hide setting icon

なお、設定アイコンを非表示にした場合、「Alfred」の設定画面は「Alfred」を起動した状態で「command + ,」で表示可能だ。

Alfredのダウンロードはこちらからどうぞ