MacBook Proの2011年モデル、ビデオ問題の無償修正プログラムの対象外に

Glich MacBook Pro

Appleが適用期間を延長していた、一部の15インチ型「MacBook Pro」に発生しているビデオ問題の無償修正プログラムの対象モデルから2011年モデルをサポート対象外にしたMacRumorsが伝えている。確認したところ、2017年5月19日に変更が適用されていた模様。

サポート対象外となったモデルは下記の通り:

  • MacBook Pro (15-inch, Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, Late 2011)

現在の対象モデルは2012年と2013年モデルのみ

一方、下記モデルは引き続きビデオ問題の無償修正プログラムの対象となっている。

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

対象の「MacBook Pro」を所有し、下記症状がいずれかまたは複数発生している場合はApple直営店またはAppleの正規サービスプロバイダに持ち込み、無償修理の依頼をしましょう。

  • コンピュータ画面のビデオ (画像) が歪んだり乱れたりする
  • コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ (または外付けディスプレイ) の画面に何も表示されない
  • コンピュータが突然再起動する

なお、使用している「MacBook Pro」に上記症状が一切見られない場合は修理手続きをする必要はない。

詳細は下記からどうぞ!

もっと読むMacBook Proまとめ
あわせて読みたい