Apple、一部「MacBook Pro」に発生しているビデオ問題の無償修正プログラム、適用期間を延長

Glich MacBook Pro

【img via Cult Of Mac

手元にある「MacBook Pro」が突然再起動したりディスプレイがシマウマ模様になってしまう、という人は注目!以前紹介したMacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の対象となっている可能性があるからだ。

この修正プログラムが発表されたのは昨年2月のこと。本来は今月末で受付終了となるはずだったところ、Appleが適用期間を延長したことが明らかになった。
 
以前までは、

本プログラムは、MacBook Pro最初の小売販売日から3年間または2016年2月27日まで(いずれか期間の長い方)、対象となる「MacBook Pro」に適用されます。

と明記されていたが、

本プログラムは、MacBook Proの最初の小売販売日から4年間または2016年12月31日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる MacBook Pro モデルに適用されます。

と、期間が変更されている。延長された理由は不明だが、ぱっと思いつくのは対象であるはずの「MacBook Pro」の台数に対し修理を申し出ている数が圧倒的に少ない、とか。

「MacBook Pro」は決して安い買い物ではない。どうせなら長く使い続けたい。対象のMacは無償で修理してもらえるので大至急最寄りのApple Storeに持ち込むべし!

詳細は下記からどうぞ!


(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索