「OS X 10.10 Yosemite Preview 5」で新たに追加された新機能や変更点

OS X Yosemite

本日、「OS X Yosemite Developer Preview 2」「OS X 10.10 Yosemite Preview 3」「OS X 10.10 Yosemite Preview 4」に引き続き、「OS X 10.10 Yosemite Preview 5」がデベロッパー向けに正式発表された!

iOS 8 beta 5」同様にCult Of Macでは「OS X 10.10 Yosemite Preview 5」で新たに追加された新機能や変更点をまとめていたので、紹介する!

電卓アプリのデザインが変更

OS X Yosemite Preview 5

「Preview 4」に比べて電卓アプリのデザインが変更されたようだ。

音量や明るさの調整用インジケーターがiOSライクなUI

OS X Yosemite Preview 5

iOSに寄り添ってきたような印象を受ける「OS X Yosemite」だが、音量や明るさを調整するときに表示されるインジケーターのデザインもiOSラインなデザインが採用されている。

Safariで表示しているページのフルURLを表示する項目が追加

OS X Yosemite Preview 5

Safariはデフォルトで表示しているページのURLをすべて表示しないような設定になっているが、「OS X Yosemite Preview 5」ではこれを表示する項目が追加されている。

Launchpadでダウンロードの進行を知らせるポップアップが追加

OS X Yosemite Preview 5

DockにLaunchpadアプリを配置している場合、ダウンロードの進行を知らせるポップアップが追加されるようになった。

「システム環境設定」のツールバーが細くなった

OS X Yosemite Preview 5

20140805-090725-32845571.jpg

上が以前のバージョン、下が最新バージョン。ツールバーの部分が細くなってキュッとしている。

現時点ではこれらはデベロッパー向けのみに配布されたもの!

今回配布開始された「OS X 10.10 Yosemite Preview 5」はあくまでもデベロッパー向けに配布されたもの。先日リリースされた「OS X 10.10 Yosemite」のパブリックベータ版ではまだ利用できない模様。

(via Cult Of Mac

もっと読むOS X Yosemiteまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読