Microsoft、「Surface Pro 4」が「MacBook Air」よりも優れていることをアピールしたテレビCMを公開

surface-pro-4-is-the-one-2

Microsoftが新しいテレビCM「Surface Pro 4 is the one for me」を放映開始している。先日は「iPad Pro」がターゲットだったが、今回の標的は「MacBook Air」。タッチパネルもタッチペン入力もなく、物理的な軽さもアピール。

「Surface Pro 4」は単体で767g、純正キーボードをつけると1.077kg。「MacBook Air」の11インチモデルは1.08kg、13インチモデルは1.35kgとなっているため、確かに「MacBook Air」よりも軽い。

個人的には画面が確実に汚れる2-in-1デバイスはどうしても魅力的には思えないのだが、「Surface Pro 4」は学生などに人気だと聞く。先日知り合った大学生が「Surface Pro 3」を使っていたので、「何で使ってるの?!」と聞いてみたところ、「安く購入できたから」という学生らしい回答が返ってきた。

ちなみに周りはMacばっかりらしい。あれれ。