Cortana、Siriの出来の悪さをMicrosoftの最新テレビCMで揶揄

Siri vs cortana
Siriはあまり役に立たない。何か音声入力したい時も「Google Chrome」を使っている。


先日、iPhoneを小馬鹿にするテレビCMが公開されていたが、今度は「Windows Phone」に搭載されている音声アシスタント「Cortana」がSiriを小馬鹿にする新しいテレビCMが公開されていたので、紹介する!

Cortanaは非常に優秀そうに見えるが…本当にここまで快適なのか?!

公開されていたのは2本。1本目「Lost」はユーザーのスケジュールと行き先を把握した上で、道が混雑していることを事前に知らせて出発するべきであることを予告する機能をアピール。2本目「Remind Me」はやり取りしている相手の誕生日や事前に把握しておくべき情報を知らせてくれる機能を紹介している。

どちらもSiriには無い機能で、あったら確かに便利そう。ただ、Siriは基本的にユーザーの情報を把握して事前に知らせるような機能はなく、どちらかというとその分野においては「Google Now」の方が優位である印象。とすると、「Google Now」と「Cortana」はどちらが優秀なのか、比較してみたいところ。

以下、どうぞご覧あれ!





(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!