Microsoft、Officeを「Microsoft 365」として刷新へ

パワポやエクセルなどは「Office製品」ではなく「Microsoft 365製品」と呼ばれるように

Office is becoming microsoft 365

Microsoft Officeがブランドを刷新し、「Microsoft 365」として生まれ変わる。現在は、Excel、Outlook、Word、Powerpointなどのアプリケーションは「Office製品」と分類されるが、今後は「Microsoft 365製品」となる

Microsoft 365は2年前、Office製品を提供するためのクラウド型サブスクリプションプラットフォームとしてスタート。今後数カ月のうちに、Office.com、Officeモバイルアプリ、Windows用OfficeアプリケーションはMicrosoft 365へと切り替わる。FAQによると、今年11月よりOffice.comが先行して移行し、OfficeのモバイルアプリおよびWindowsアプリケーションは2023年1月に反映されるという。

既存ユーザーへの影響は、ブランド名の変更のみ。既存のアカウント、プロファイル、サブスクリプション、ファイルなどは従来どおり。

なおOfficeブランドが完全に廃止されるわけではない。永続版(買い切り)のOffice 2021製品にブランド刷新は適用されず、従来どおりの名称で販売を継続する。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年10月14日
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:645215)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:645021)
    いったい何の目的があるんでしょう…?

    よく分からないですが、オフィスって書いてあるとイメージ的にオフィスワーク向けに見えるからではないですか?
    もっと広い層にアピールしたいのに、名前で最初から絞っちゃってますからね。

  2. g.O.R.i(コメントID:645022)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:645021)
    いったい何の目的があるんでしょう…?

    ブランドの統一って感じですかねぇ??よくわからないですねぇ……

  3. 通りすがりの読者(コメントID:645021)

    いったい何の目的があるんでしょう…?

「Microsoftニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索