SMSのキャリア縛りが解禁!7月13日より利用可能

docomo、au、沖縄セルラー、ソフトバンク、イー・モバイルの5社は3Gモバイル端末におけるSMS(Short Messaging Service)の事業感接続を7月13日より開始する、と発表した。

以下がプレスリリース。

ショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続開始について

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ
KDDI株式会社
沖縄セルラー電話株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社
イー・アクセス株式会社

NTTドコモ、KDDI株式会社、沖縄セルラー電話株式会社、ソフトバンクモバイル株式会社およびイー・アクセス株式会社の5社は、第三世代携帯電話(3G)におけるショートメッセージサービス(SMS)の事業者間接続を2011年7月13日(水曜)に開始することとしましたので、お知らせいたします。

なお、本事業者間接続に伴うSMSの提供条件などについては、各携帯電話事業者より個別にお知らせいたします。

※ショートメッセージサービス(SMS)により迷惑メールなどを送信した場合、受信者の申告情報が以下の事業者に通知されることがあります。
<申告情報の通知先>
NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、MVNO事業者

前々から実現する実現する、と言われ続けてなかなか実現しなかった事業感SMSだが、ここに来てようやく解禁された。素晴らしい!

キャリアの垣根を超えてSMSのやり取りが出来るのは今までのキャリア同士の関係性から考えると大きな変化であることには違いないが、その一方で、FacebookのメッセージTwitterのDM、さらにはWhatappBelugaなど、SMSの代わりとなるアプリも大量に出ているので、個人的には今更感が否めないというのもある。

(via ドコモ
(via KDDI
(via ソフトバンク
(via イーアクセス

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「モバイル」新着記事
トレンド検索